仕上げ Archive

PP加工(Poly-Propylene加工)とは

【P】【印刷】【仕上げ】 PP加工(Poly-Propylene加工)とは、印刷された紙に接着剤を塗布してフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させます。 通常は、雑誌・カタログの表紙や書籍カバーなどで […]

ニス引き(にすびき)とは

【に】【印刷】【仕上げ】 ニス引き(にすびき)とは、表紙やカバーなどに光沢を付けるために、表面に透明な樹脂液を塗ることをいいます。 用途によりニスを変えて耐熱性、耐摩擦性、耐水性などを与えることができます。 オフセット印 […]

背(back)とは

【せ】【仕上げ】 背(back)とは、本の綴じられている方(「のど」)の前小口の反対側、つまり外に面しているところさします。 または、その部分を保護している表紙の部分。 通常背文字がさまざまなレイアウトで工夫して書かれて […]

溝付け(みぞつけ)とは

【み】【仕上げ】 溝付け(みぞつけ)とは、製本の際、中身をくるみ終った後で、板紙を芯にした表紙を開きやすくするために、平(ひら)と背の境目にある溝をつけることです。 鏝(コテ・いちょうとよぶ)を前もって加熱しておき、これ […]

見返し(endpapers)とは

【み】【仕上げ】 見返し(endpapers)とは、平綴じの本で、本文を表紙に貼り付けるために使う何も印刷されていない色紙のこと。 一般的には表紙と中身をつなぎ、その強度を高めるためのもの。 見返しはさらに分類すると表紙 […]

ページ物(ページもの)とは

【へ】【仕上げ】 ページ物(ページもの)とは、リーフレットやはがきなど1枚の紙に印刷される「端物」に対して、一般的に本や雑誌やパンフレットなどのように複数のページで構成され、最終的に綴じて製本される印刷物のことを指します […]

小口(こぐち)とは

【こ】【仕上げ】 小口(こぐち)とは、本の切断面のことで、広義には、本の「のど」を除いた3方の辺のことをいいます。この場合、上の小口を「天」、下の小口を「地」といい、のどの反対側の小口を「前小口」もしくは単に小口といいま […]

封筒(ふうとう)とは

【ふ】【仕上げ】 封筒(ふうとう)とは、平面状の内容物を包むための通常は紙で製造されるパッケージのことを指します。 日本の封筒は、長方形の短いほうの辺のうちの1つが開いています。 洋式封筒は長いほうの辺が開いており、接着 […]

製本(せいほん)とは

【せ】【仕上げ】 製本(せいほん)とは、印刷された紙または白紙を接着剤・針金・糸・リング等で綴じて表紙をつけ本の形にすることです。 ページの余白部分のうち綴じられる側を「のど」と呼び、これが見開き状態で中央にくる部分とな […]

中綴じ(なかとじ)とは

【な】【仕上げ】 中綴じ(なかとじ)とは、本を開いた状態の紙(通常1枚で4ページ分となる)を重ね、2つ折りになった背の部分を、表紙の側から真ん中の見開きページにかけて、針金または糸で綴じる並製本の一様式のことをいいます。 […]