装丁(そうてい)とは



【そ】【仕上げ】

装丁(そうてい)とは、本の内容にあわせて本全体の体裁を飾り整えることを指します。

「そうてい」の漢字の当て方は不安定で、装丁の他、「装幀」又は「装釘」、表記されます。

また、装本、ブックデザインと呼ぶこともあります。

読みやすく内容と調和した体裁にするために、表紙をはじめカバー・箱・見返し・扉などのデザインや用紙の選択、本文レイアウトや書体・級数までを含めて考えます。

カバー・表紙のデザインのみを指して狭義に用いられることもあります。

装丁をするには本の構造や材料の知識も必要となります。