RIP(リップ)とは



【R】【出力】【ソフト】

RIP(リップ)とは、Raster Image Processor[らすたー・いめーじ・ぷろせっさ]の略で、DTP で作った PostScript データを、出力のためにプリンタやイメージセッタの出力解像度にあわせてビットマップデータに変えるプロセッサのことです。

数式で記述されたPostScript データを解読し、それに基づいてビットマップ画像(Raster Image=走査線イメージ)として展開(Process)し、そのデータを出力機に送るソフトウェアやハードウェアです。

RIP には2種類あり、プリンタやイメージセッタに組み込まれた「ハードウェアRIP」と、パソコン側で処理する「ソフトウェアRIP」があります。