1ビット画像(1-bit がぞう)とは



【数字】【画像】

1ビット画像(1-bit がぞう)とは、最も単純な画像タイプでモノクロ画像と呼ぶこともあります。

各ピクセルの記録に1ビットが使用されます。1ビット画像には、ラインアート、ハーフトーンの2種類があります。

コンピュータは、すべてのデータを0と1の数字に置き換えて記憶し、ビット(bit)は、この「0か1か」を記憶するコンピュータにおける最小の単位で、色を記憶するときに1ビットしか使えないということは、「0または1」つまり、「白または黒」の2色の状態しかないということになります。