AMスクリーニング(エイ・エム・すくりーにんぐ)とは



【A】【出力】

AM スクリーニング(エイ・エム・すくりーにんぐ)の AM はAmplitude Modulation Screeningの略。

画像の濃淡を網点(ドット)の大小で表現する従来の網掛けの方法で、濃度が高いほど大きな網点を用いることになります。

一般的なオフセット印刷では、現画像からドットの集合からなる網点画像を作り、網点画像をもとに刷版をつくります。

■AMスクリーニングの欠点

  • 細部の再現性が低い
  • 中間階調の線が途切れる「線切れ」が発生する
  • 階調が階段状に急激に変化する「トーンジャンプ」が発生する
  • ハイライト部でのドットの欠落、ハイライト部でのしろ抜けのつぶれが発生し、階調が正しく再現しない

これに対してある領域のドットの数を変えることで,画像の階調を表現する方法を、FMスクリーニング(Frequency Modulation Screening)といいます。