デイジーチェーン(daisy chain)とは



【て】【ハード】

デイジーチェイン(daisy chain)とは、複数のデバイス同士を接続する場合に、各デバイス間を個々のケーブル(あるいは信号線)で、数珠つなぎに連結する様子のことです。

SCSI や IEEE 1394(FireWire)などで採用されています。

もともとは、ヒナギク(daisy)をつなぎ合わせて作る花輪を指すそうです。

デバイスへの信号はまず最初のデバイスに送られ、そのデバイスから次のデバイスに送られます。なお、外付けSCSIデバイスの接続のように、物理的な接続がディジーチェインであっても、電気的にはバス接続という場合もあります。