不可視インク(ふかしインク)とは



【ふ】【印刷】

不可視インク(ふかしインク)とは、塗った時点、もしくは少し時間をおいた後に見えなくなる物質を使ったインクのことです。

特定の処理を施すことによって可視化されます。

情報の標識、再入場を防止する押印、製品の同定のための印などに用いられています。

不可視インクは、万年筆や爪楊枝を使うか、あるいは指を浸してそのまま塗りつけるなどして使用される。塗布し、乾燥したあとは無色となって周りの質感と見分けがつかないようになります。

また、コンピュータのインクジェットプリンター用の見えないインクも開発されており、普通は紫外線の照射下でのみ視認できる。文面の邪魔にならないように書類に印刷情報などを付加することができます。