網点(Halftone)とは



【あ】【印刷】【出力】

網点(Halftone)とは、グレイスケールやカラーの画像を小さな点のパターンで表すことで印刷可能にしたものをいいます。

基本的には紙の上では二値画像だけが印刷可能ですが、網点技法により、連続した色調の画像を再現することが可能となり、グレイやカラーの様々な陰影の画像を印刷できるようになった。

FMスクリーニングによる中間色表現に対し、網点による中間色表現をAMスクリーニングと呼ぶ事もあります。

網点スクリーンの解像度は スクリーン線数lpi)で表される。これは1インチ当たりのドットで描かれる線の数であり、同時にスクリーンの角度が添えられます。

線数解像度)を高くすれば、細部まで再現可能にはなるものの高度な印刷品質を必要とします。