溝付け(みぞつけ)とは



【み】【仕上げ】

溝付け(みぞつけ)とは、製本の際、中身をくるみ終った後で、板紙を芯にした表紙を開きやすくするために、平(ひら)との境目にある溝をつけることです。

鏝(コテ・いちょうとよぶ)を前もって加熱しておき、これを背とひら(平)との接合部に当てて、背がたるまないように注意しながら、2,3回本の天地へ往復させます。

また、みぞつけには「みぞつけ機械」もあるようです。