ニス引き(にすびき)とは



【に】【印刷】【仕上げ】

ニス引き(にすびき)とは、表紙やカバーなどに光沢を付けるために、表面に透明な樹脂液を塗ることをいいます。

用途によりニスを変えて耐熱性、耐摩擦性、耐水性などを与えることができます。

オフセット印刷機にニスコータを取り付け、4色印刷と同時にニス を塗布するインライン方式と、オフラインのニス引き機やグラビア印刷機を使った方式があります。

塩化ビニールなどの溶剤を使った「ビニール引き」やPP加工が登場してからは、ほとんど使われなくなってしまいましたが、汚れや退色(耐光性)を防ぎ、耐久性を高める効果もあります。