PP加工(Poly-Propylene加工)とは



【P】【印刷】【仕上げ】

PP加工(Poly-Propylene加工)とは、印刷された紙に接着剤を塗布してフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させます。

通常は、雑誌・カタログの表紙や書籍カバーなどで光沢や高級感が欲しい場合に、ツヤ・光沢のある仕上がりになる「PPフィルム」を使用します。

また、ツヤ消しの仕上がりになる「マットPPフィルム」と呼ばれるものがあり、これに対し「PPフィルム」を「クリアPPフィルム」と呼ぶこともあります。

また、基本的には熱で圧着するので、ユポなどの石油合成紙ではPP加工を行うことで用紙そのものが変成してしまう場合(紙がよれるなど)があります。

耐水性を持たせるためにPP加工を行うことはおすすめできません。

PP加工は表面の保護をすることはできますが、雨に当たる場所に貼るなどの用途では保護になりません。屋外に貼るポスターの場合は、耐久性・耐水性に優れたスーパーユポの用紙を使った印刷をお薦めいたします。