解像度(かいぞうど)とは



【か】【印刷】【出力】【画像】

解像度(かいぞうど)とは、デジタル画像における画素のきめ細かさを示す数値。

スキャナなどの周辺機器の精度や画像そのもの精度を表す場合に用いられ、単位はdpi(dots per inch、ディー・ピー・アイ)で表し、この数字が大きいほど高精度の画像となります。

1インチあたりにいくつの点(dot)が入るかということを意味し、ディスプレイ表示を主な用途として作成されたビットマップ画像は72dpiを基準に作られる事が多く、一般的な商業印刷物では300dpi~600dpi程度の解像度を基準に作られます。

類似の概念に、スキャナ等の性能表記のピクセル・パー・インチ(ppi)、印刷物においては線数を表すライン・パー・インチ(lpi)があります。