アウトラインフォント(Outline Font)とは



【あ】【FONT】

アウトラインフォント(Outline Font)とは、文字の輪郭線の形状を、関数曲線の情報として持つフォント形式を指します。

実際に画面や紙に出力する際には、解像度に合わせてビットマップ状に塗りつぶすラスタライザが必要になりますが、文字の形が座標値で与えられているので、計算によって拡大や縮小したり、変形や回転させることなども自由自在という利点があります。

日本ではワープロや DTP を中心にアウトラインフォントの利用が普及し、WYSIWYG が普及したために、コンピュータ画面でもスケーラブルラインフォントの利用が広がりました。

ちなみに、初期のDTP は、プリントアウトにはアウトラインフォント、画面表示にはビットマップフォントを使用するというワークフローが基本でした。

■アウトラインフォントの種類