ビットマップフォント(Bit Map Font)とは



【ひ】【FONT】

ビットマップフォント(Bit Map Font)とは、ドットの組み合わせで文字を表現したフォントを指します。

コンピュータの初期には、容量の節減および描画速度の確保のためビットマップフォントを利用していました。

現在でも、スケーラブルフォントからビットマップフォントを生成するとき、文字が小さいと線間の調整が出来ずに潰れて読めなくなってしまうことが多いために、小さな文字ではビットマップフォントが使われています。

初期の DTP は、プリントアウトにはアウトラインフォント、画面表示にはビットマップフォントを使用するというワークフローが基本でした。