ストロークフォント(Stroke Font)とは



【す】【FONT】

ストロークフォント(Stroke Font)とは、文字の形状を、中心線だけの情報で保持するフォント形式を指します。

線の太さなどは扱わないためデータ量は非常に軽く、かつ出力デバイスの解像度に依存しないという長所があります。

CAD システムやプロッタなどで多く使用されていました。

なお、「ストロークフォント」という言葉は、文字をストロークごとに分解して管理する作成・生成・管理システム(それをフォントプログラムとして実装した例としてはダイナコムのストロークベーステクノロジなど)や、派生した形式(ひとつの骨格からファミリーを生成する技術など)を指すこともあります。