オフセット印刷(おふせっといんさつ)とは



【お】【印刷】

オフセット印刷(Offset いんさつ)とは、版に付けたインクを直接紙などに付着させるのではなく、版から一度ゴムシート(ブランケット)に移し、ゴムシートからあらためて紙などに転移させる印刷方法のことを指します。

実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが特徴となり、インクの撥水性を利用した印刷方法です。

版式の方法で、凹凸はなく、化学的な処理で、インキを乗せる部分と乗せない部分を分けけ、平版と呼ぶこともあります。

オフセット印刷は、非常に鮮明な印刷が可能で、版が直接紙に触れないことから胴の磨耗が少なく、大量印刷にも適しています。
近年では、水の替わりにシリコンを代用する、「水なし印刷方式」が開発され、世界中で急速にシェアを伸ばしています。