裏移り(うらうつり)とは



【う】【印刷】

裏移り(うらうつり)とは、印刷インキがまだ乾いていない状態で複数枚重ね合わせたとき、上側の印刷物の裏面にインクが転写されてしまう現象のことをいいます。

インクが乾ききらない状態で圧力が掛かるような裁断などの作業を行なうと起こりやすい現象です。

また、インクが紙に染み込んでその裏側まで染み出してしまう裏抜け現象のことを裏移り(裏写り)と呼ぶ場合もあります。

裏移り、裏抜けどちらにも有効な対策としては速乾性のインクの使用が挙げられるが、インク詰まりなどの原因ともなり扱いには注意が必要です。