PostScript(ポストスクリプト)とは



【P】【ソフト】

PostScript(ポストスクリプト)とは、米国のアドビシステムズ社が開発し、1985年に公開したページ記述言語のこと。

DTP では事実上の世界的標準となっています。PS と略していうことも多い。

一般のコンピュータ・プログラミング言語とは異なり、アプリケーションソフトによって自動的に生成されます。データはベジェ曲線という3次曲線で表現するベクトル・データに変換され、出力装置に付属した PostScript・インタープリターで解釈されて印刷されます。

特徴は、出力装置に合わせた解像度で出力されるため、出力装置に依存せずに文字、グラフィックス、画像を高品位に印刷できることにあり、さらに絵や文字の回転、拡大縮小、変形などが自由にできることなどがあげられます。

PostScript(ポストスクリプト)のバージョン

  • 1985年 – PostScript Level 1。初期バージョン。
  • 1990年 – PostScript Level 2。日本語やカラー化対応。
  • 1996年 – PostScript 3。PDF形式への対応。

ほとんどはレーザープリンタに実装されていますが、アドビシステムズへのライセンス料が高額なためか、価格が数十万~百万円以上と一般のレーザープリンタに比べ高価なため、専らDTP 用途に限られています。