裁ち落とし(たちおとし)とは



【た】【デザイン】

裁ち落とし(たちおとし)とは、紙面に広がりを出すため写真やイラスト、網、パターンなどの図版をページの余白部分まで配置する時などに用います。

具体的にはページの仕上がり線より3ミリ程度はみ出させて配置するテクニックのこと。

仕上がり線よりはみ出させておくことで、断裁(=裁ち切り)したときに紙の端に余白が出ないので、美しく仕上がります。裁ち切りともいうます。

レイアウトソフト上では、ボックスやオブジェクトを仕上がり線からはみ出すように作って裁ち切りに備えます。なお、はみ出させた部分を塗り足しということもあります。