丁合い(ちょうあい)とは



【ち】【仕上げ】

丁合い(ちょうあい)とは、製本工程で、折り丁をページの順に1ページから最終ページまで揃え、一冊分にまとめる作業を指します。

手作業で行う手丁合いと、丁合い機を使う機械丁合いとがあります。

丁合いの際に折丁を取り違えてしまうと、乱丁・落丁などのミスにつながるため。このようなミスを防ぐために、背丁や背標といった記号を付け、ミスを防止します。