束見本(つかみほん)とは



【つ】【デザイン】

束見本(つかみほん)とは、本文用紙や口絵・見返し・扉など、実際の仕上がりと同じ材料・ページ数で製本した白紙の見本を指します。

これによって本の外形や厚さが正確に判明するので、背幅や箱のサイズが決定します。

この作業を怠ると仕上がりに不備が生じるため、省略せず必ず束見本を作成するようにしましょう。