用紙の規格と寸法 – まとめ



紙のサイズは JIS で決められており、A列本判とB列本判が主流です。
仕上がり寸法も JIS で決められ、例えば、A判を例にすると基準のサイズはA1判(A全)、その半分がA2判(A半裁)、さらにその半分がA3判(A四裁)といった具合です。


【原紙の寸法】

名称
サイズ(mm)
四六判
788×1091
菊判
636× 939
A列本判
625× 880
B列本判
765×1085
A列小判
608× 856
B列小判
745×1047
ハトロン判
900×1200
新聞用紙
546× 813



【書籍・雑誌の大きさ】

判型
寸法(mm)
主な用途
A4判
210×297
楽譜・図集
A5判
148×210
書籍・雑誌
A6判
105×148
文庫本
A7判
 74×105
ポケット辞書
B4判
257×364
グラフ誌
B5判
182×257
教科書・雑誌
B6判
128×182
書籍
B7判
 91×128
手帳
AB判
210×257
婦人雑誌・週刊誌
新書判
103×182
新書


【紙の仕上がり寸法(mm)】

A列
B列
A0
841×1189
B0
1030×1456
A1
594× 841
B1
 728×1030
A2
420× 594
B2
 515× 728
A3
297× 420
B3
 364× 515
A4
210× 297
B4
 257× 364
A5
148× 210
B5
 182× 257
A6
105× 148
B6
 128× 182
A7
 74× 105
B7
  91× 128
A8
 52×  74
B8
  64×  91
A9
 37×  52
B9
  45×  64


【和紙の寸法(mm)】

名称
寸法
半紙判
 332×242
美濃判
 394×273
襖判
1813×909
画仙判
1363×696
大奉書
 530×393
柾判
 530×393