EPS(イー・ピー・エス)とは



【E】【ソフト】【画像】

EPS(イー・ピー・エス)とは、Encapsulated PostScript(エンキャプサレイティッド・ポスト・スクリプト)の略で、通常は略称である EPS の名で呼ばれています。また、EPSF と呼ばれることもあります。

画像ファイルの保存形式のひとつで、PostScript をベースとし、バウンディングボックスやプレビュー画像等の他のメディアに埋め込む際に必要な情報を補った画像ファイルフォーマットです。

ベクトルデータとビットマップデータの両方を含むことができ、ベクトルデータのみを含む EPS ファイルは、画像を拡大しても画質が落ちることはありませんが、同じ EPS ファイルでもビットマップデータを含む EPS ファイルに関しては、画像を拡大するとビットマップ部分の画質が落ちことになるので注意が必要です。

DTP では、最終的に印刷物として使用する画像や線画の標準的なフォーマットとなっています。データ自体が PostScript で書かれているため、PostScript 対応の出力機では最も安定して出力できるといわれています。

解像度や色数にとくに制限はなく、色は CMYKRGB のどちらにも対応しており、適正な解像度ならば印刷物として十分な品質が得られます。

写真の切り抜き処理(クリッピングパス)も一緒に保存でき、QuarkXPressInDesign を始めとするほとんどのレイアウトソフトや、Illustrator に取り込むことができ、Photoshop では画像を加工することもできます。

しかしその反面、データが重く、データを圧縮すると画質が低下するなどの欠点もあります。