DTP(ディーティーピー)とは



【D】【デザイン】

DTP(ディーティーピー)とは、Desk Top Publishing の略で、出版物のデザイン・レイアウトをパソコンで行ない、電子的なデータを印刷所に持ち込んで出版することをいいます。

机上出版。実際には版下の作成までをパソコンで行なうことが多く、ページプリンタやスキャナが高性能化・低価格化したことに加え、PostScript を中心としたアウトラインフォント環境の整備、InDesignQuarkXPress などの DTP ソフトの進化によって、現在では印刷物の作成はほとんど DTP で行なわれるようになっています。

DTP のプラットフォームとしては、従来から Apple 社の Macintosh(Mac)シリーズが主流で、現在も商業出版物は Mac で作成されることが多いのが現状。しかし、近年では Microsoft 社の Windows 上での環境整備も進んでおり、企業内で利用する簡単な印刷物などはオフィスにある Windows パソコンで作成されるようになってきています。