XML(エックス・エム・エル)とは



【X】【ネット】

XML(エックス・エム・エル)とは、Xtensible Markup Language の略で、インターネット上で HTML よりもさらに高機能なページ記述ができるように作られた拡張可能なマークアップ言語です。

独自のタグを定義できるのが特徴で、目的に応じてタグを定義して使うことができるため、さまざまな用途で情報を整理・蓄積する際につかうことができます。

データベース的な利用や電子商取引など、さまざまな分野への応用が期待されています。