組版(くみはん)とは



【く】【デザイン】

組版(くみはん)とは、元々は活版用語です。

版を作成する工程で、活字を組んで写真版などの凸版と一緒にレイアウト指定に従ってページを作成することを「組版」と呼んでいました。

この組版作業は、実際には「文選」と「植字(ちょくじ、しょくじ)」に分かれ、活字を拾う作業を文選、拾った活字をレイアウトに従ってページに並べる作業を植字といい、主に植字部分を組版といいます。

電算写植や DTP でも、文字と図版類を組み合わせてページを作り上げていくことを同じように組版といいますが、この場合「入力」が活版の文選作業に当たり、レイアウトソフトでページメイキングする作業が植字にあたります。

したがって DTP では「組版」は「ページレイアウト」とほとんど同義に使われています。

QuarkXPressInDesign は文字と図版を組み合わせてページを作成するので、組版処理をするためのソフトといえますが、一般には「ページレイアウトソフト」、あるいは単に「レイアウトソフト」とよばれています。