ノンブル(nombre)とは



【の】【デザイン】

ノンブル(nombre)とは、出版関連の業界用語でページ数を表す数字(ページ番号)を指します。フランス語のnombre(数、ナンバー)に由来しています。

各ページの前後関係を表す数字で、この数字は当該ページに書かれている内容とは基本的には無関係であり、単なる数桁の記号に過ぎません。
本文だけに振る場合と、前付(扉・口絵・目次など)・本文・後付(付録・索引・奥付など)を通して振る場合があります。

レイアウトソフトなどでは通常、ノンブルを自動入力する設定ができ、ページの追加や削除に応じて自動的にノンブルの振り直しがされます。

また、ノンブルの付け方には、通常、表紙や裏表紙はページ数に含まず「表1」から「表4」といった表記で呼ばれます。

また「遊び紙」と呼ばれる、「トビラ」の前や奥付の後にあって何も印刷されていないページもノンブルを振る対象として数えないことも多い。

ノンブルの付け方には大きく分けて、全ページに順番に数字を振っていくやり方の「通しノンブル」と目次・序文と本文、あるいは内容の一集合ごとに区切って「1-1,1-2,1-3,……2-1,2-2……」というように節番号との組合わせで付ける「別ノンブル」という2種類の方法があります。