ソフトウェアRIP(software Raster Image Processor)とは



【そ】【ソフト】

ソフトウェアRIP(software Raster Image Processor)とは、DTP で作った PostScript データを、パソコン側でラスタライズするソフトウェアタイプの RIP のことを指します。

イメージセッタ出力のためのソフトウェアRIPから、インクジェットプリンタなどのパーソナルプリンタ用のものまでさまざまなものがあります。

通常は、ソフトではなく出力機側でその働きをしているが、パソコンの CPU の高速化やフォントテクノロジーの発展によってパソコン側で操作することが可能になりました。