CTP(シーティーピー)とは



【C】【印刷】

CTP(シーティーピー)とは、Computer To Plate の略で、コンピューターで作成されたレイアウトデータを、印画紙や製版フィルムに出力する工程を飛ばして、プレートセッタという機器を通し、直接刷版として出力するシステムのことを指します。

DTP ならではの方法ともいえます。

フィルム出力という中間工程を省くため、通常の青焼校正も色校正もできないことになりますが、フィルム出力の工程がカットされることで、短納期化やコスト削減などにつながるとともに、版の精度も向上します。

印刷前の色のチェックには、DDCP(ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフィング)という方法などが採られますが、DTP の場合はとくに、最終工程の印刷までの方法、どこでチェックを入れるかなど出力、印刷担当との十分な打ち合わせが必要となります。