毛抜き合わせ(けぬき・あわせ)とは



【け】【デザイン】

毛抜き合わせ(けぬき・あわせ)とは、写真類や色面などを隣り合わせに配置するとき、境目がないようにぴったりくっつけてレイアウトすることを指します。

色文字と色の図版が重なる場合、色文字を上に乗せる「ノセ」にせず、下の色を文字の形にくり抜いてから乗せる、抜き合わせを髪の毛ほどの隙間もないほど正確に合わせることから「毛抜きあわせ」と呼びます。

現在 DTP では「トラッピング」と呼ばれる処理が同じことになります。